服用方法 | 痛風治療にザイロリック!お酒を飲む人は要チェック
2種類の薬

服用方法

ザイロリックは服用上の注意点がいくつもあるので、服用する際には十分気をつける必要があります。
まず、服用する量についてですが、まずは1日1回100mg程度から服用を始め、ザイロリックに慣れてきたら徐々に量を増やしていく、というものになります。
というのも、一気に尿酸値を下げてしまうと、それはそれで身体によくないので、徐々に減らしていくことが重要なのです。
また、ザイロリックは予防薬として利用するのが望ましいので、毎日欠かさず同じ時間に服用することが求められます。
痛風が出た、出てないに限らず、痛風の症状を発症しないために服用することで、再発を防止することが出来るのです。
もし痛風発作時に服用してしまうと、症状がさらに悪化してしまう危険性があるので、発作時に服用するのは避けるようにしましょう。

服用量やタイミング以外にも、ザイロリックを服用してはいけない人というのもいるので該当する人は要注意です。
腎臓や肝臓が悪い人、高齢者は薬がなかなか排泄されず、長い間体内に留まってしまう可能性があるので、独断で使用するのは望ましくありません。
出来れば医師による診断を受け、しっかりと定期検診などを受けるようにしましょう。

当たり前ではありますが、アルコール類の摂取も控えましょう。
そもそもアルコール類は痛風発症の原因になりますし、薬の効果を薄れさせてしまう可能性もあります。
なので、服用前後の飲食は気にかけるようにしましょう。
他にも細かく気をつけなければならないことはありますが、服用方法をきちんと守っていれば副作用が出ることも、薬の効果が薄れることもないので、薬の効果を最大限引き出すためにも用法用量は守りましょう。