痛風とは | 痛風治療にザイロリック!お酒を飲む人は要チェック
薬が溢れています

痛風とは

痛風がなぜ痛風と呼ばれているのかご存知でしょうか。
頭痛、腹痛、腰痛などとは異なり、「痛い」という漢字が頭についているのはかなり珍しい病名でもあります。
痛風の名前の由来は、実は「風に吹かれただけでも痛みを感じる」という痛風の症状の特徴から取られている名前なのです。
痛風は、ある日急に足の親指が痛くなる、腫れることにより、歩くことすら困難になるという症状が見られます。
足が痛いのでまさか痛風だとは…と油断してしまう人もいるようですが、痛風の痛みは激痛なので、病院に行かざるをえないほどなのです。
何の治療もせずにほうっておくと、この激痛の期間は3日間ほど続き、しばらくは外出できないほどの痛みに耐えなければならなくなります。
そんな痛風も10日程度経てば痛みも消え、目立った症状は何も見えなくなります。
しかし、痛風の恐ろしいところは、痛みを経験した人のほとんどが1年以内にまた痛風を発症してしまうと言われているのです。
定期的に痛風の症状を繰り返すことによって、どんどん症状は悪化していき、足の親指にとどまっていた激痛は、足首や膝関節まで届いてしまうのです。
そして、1年も待たずして何度も何度も痛風の症状が現れてしまうのです。
その頃にはもう、足の痛みだけでなく腎臓が悪くなる、尿管結石が出来る、などあらゆるところに被害が及んでしまうのです。
そうなる前に、ザイロリックで痛風の初期症状である高尿酸血症を改善しておく必要があります。